ブラックでも作れるクレジットカード

信用情報会社に、過去の事故情報が残っているブラックリスト入り中の人が、新しくクレジットカードを発行してもらうことはできるでしょうか。結論から言うと、クレジットカードはブラックの人でも作れる場合があります。ですが、なぜキャッシングブラックになったかによって、クレジットカードの審査がうまくいくかどうかはかなり違っています。自己破産や、個人再生手続きをしていたという人は、5年以内は審査は通りません。銀行の場合は、融資の審査に通るようになるには、少なくとも10年間は必要であると言われています。裁判所を介さずに返済不能状態を解消するには、金融機関と弁護士の交渉により任意整理をすることになります。任意整理をしただけでは、信用情報会社の記録にはなっていませまんので、調べてもわからないことになります。信用情報機関に記録が残っていなければ、クレジットカード会社によっては、申込み時の審査に通る可能性もあります。同様に、クレジットカードの手続きをした時には、審査でクリアできる会社もありますし、早々に断られる会社もあります。キャッシングの延滞を3カ月以上滞らせた時に、信用情報会社の情報が1年でなくなる場合と、5年間が記録が残ることもあり、一概には言えません。ブラックとしての情報を取り扱う方法は、信用情報機関によって差があるのが現状です。1年もすれば、クレジットカードの新規発行はできるようになるということもありますが、最大で5〜7年間は、ブラック状態が解除されない場合もありますので、気をつけてください。